TerminalQヘルプ – 納品請求

本ページは弊社サービスTerminalQの納品・請求機能に関するヘルプページです。このページで問題が解決しない場合はカスタマーサポートセンターへお気軽にお問い合わせください。

NVTカスタマーサポートセンター
TEL: 042-595-7090 対応時間:10:00〜18:00(土日祝日は除く)
E-mail: support@nvtnet.co.jp

本ページでは以下の操作方法を説明します。

  1.  受失注登録をする方法
  2.  納品書を作成する方法
  3.  都度請求書を作成する方法
  4.  合計請求書を作成する方法
  5.  回収確認する方法

1. 受失注登録をする

案件詳細ページにて受失注待ち案件に対して、図面ごとに受注・失注の登録をすることができます。
受注登録をすることで納品書・請求書を作成することができるようになります。また、受失注率などの統計をとることができます。

  1.  ダッシュボードや案件一覧ページにて、受失注登録を行いたい案件名をクリックします。
  2.  [受失注]をクリックします。
  3.  客先へ提出した見積りを選択し、[次へ]をクリックします。
  4.  図面ごとに「受注」「失注」を選択し、[完了]をクリックします。

2. 納品書を作成する

受注した図面がある案件に対して、納品書を作成することができます。

  1.  ダッシュボードや案件一覧ページにて、納品書を作成したい案件の案件名をクリックします。
  2.  [納品]をクリックします。
  3.  [登録]をクリックします。
  4.  納品日や注文番号を入力します。(値引額がある場合はここで入力します。)
  5.  納品する個数を入力し、[登録]をクリックします。
  6.  [承認]をクリックします。
  7.  [印刷]をクリックします。
  8.  新規タブで納品書の印刷確認画面が開きますので、印刷設定をし、印刷またはPDFに保存します。

印刷時には個人印を押印するかどうかが選択できます。
また、作成後の未承認時に[編集]をクリックすると、入力項目を修正することができます。なお、編集ができるのは請求書を作成するまでなのでご注意下さい。

3. 都度請求書を作成する

登録した納品情報に対して、都度請求書を発行することができます。

  1.  都度請求書を作成したい案件の案件名をクリックします。
  2.  [納品]をクリックします。
  3.  請求書を作成したい納品の納品番号をクリックします。
  4.  請求情報の[都度請求の作成]をクリックします。
  5.  振込先と入金予定日を選択し、[登録]をクリックします。
  6.  [承認]をクリックします。
  7.  [印刷]をクリックします。
  8.  新規タブで納品書の印刷確認画面が開きますので、印刷設定をし、印刷またはPDFに保存します。

印刷時には個人印を押印するかどうかが選択できます。
また、作成後の未承認時に[編集]をクリックすると、入力項目を修正することができます。

※振込先を選択するには予め自社情報ページで登録する必要があります。
※入金予定日は予め顧客情報ページで締め情報を登録していると、その日程が初期値として入力されます。

4. 合計請求書を作成する

複数の納品情報に対して、1つの請求として合計請求書を発行することができます。

  1.  サイドメニューの「請求 – 合計請求書」をクリックします。
  2.  作成したい会社名を選択し、[新規作成]をクリックします。
  3.  請求対象月を選択した後、必要であれば日付を指定し、振込先・入金日・請求対象とする納品情報を選択し、[作成]をクリックします。
  4.  [承認]をクリックします。
  5.  [印刷]をクリックします。
  6.  新規タブで納品書の印刷確認画面が開きますので、印刷設定をし、印刷またはPDFに保存します。

印刷時には個人印を押印するかどうかが選択できます。
また、作成後の未承認時に[編集]をクリックすると、入力項目を修正することができます。

※未承認の納品情報も検索対象となります。
※都度請求書作成済みの納品は請求対象外として表示されていますが、都度請求から合計請求に切り替えることができます。逆のことはできません。
※振込先を選択するには予め自社情報ページで登録する必要があります。
※入金日は予め顧客情報ページで締め情報を登録していると、その日程が初期値として入力されます。

5. 回収確認

請求書を顧客に提出後、入金の有無を確認、管理することができます。

  1.  サイドメニューの「請求 – 回収予定表」をクリックします。
  2.  確認する期間(月単位)を選択します。
  3.  入金が確認できている請求の「回収済み」にチェックをつけます。

※期間は初期値として当月が表示されます。
※請求番号をクリックすると請求情報を確認することができます。